BIG tomorrowの2011年2月号に掲載

トップページ > 会社員と主婦の副業

2011 0128

BIG tomorrowの2011年2月号に掲載

BIG tomorrowの2011年2月号にある「365日副業カレンダー」という特集にインタビュー記事が載りました。「副業に対する時間の使い方」というテーマです。

BIG tomorrowの2011年2月号に掲載2011年2月号は2010年12月25日発売ですので、紹介が遅れてしまいました。

本号では「サラリーマンの平日の自由時間は平均役4時間もあるんです。この中には、睡眠や食事といった肉体を維持するための時間は含まれません」と書かれています。

これは総務省など政府機関による国民調査の結果ですので、確かな数値です。例えば「睡眠7時間、労働8時間、移動2時間、食事と家事で3時間」としたら、残り4時間あるので、日常生活をイメージしても何となく理解できる時間だと思います。

平日は年間260日あるので計1,040時間、休日の自由時間の平均は7時間ですので、年間105日で計735時間、合算値で1,775時間もフリータイムがあります。

その1/3を副業、1/3を自己啓発、残り1/3をリラックスにできれば十分でしょう。実際は旅行やイベントがあるので、休日の自由時間が減りますが、逆に平日の一部は年休などで休日に変わるので、実現可能な副業タイムを創出できます。

また、BIG tomorrowは毎月25日発売で発行部数が15万部もあるため、最新の3月号はコンビニで絶賛発売中です。

ちなみに昨日は2011年2月25日発売のBIG tomorrow(4月号)の「副業や投資で稼ぐ普通のサラリーマン密着24時間」という巻頭特集の取材を受けてきました。

「毎日本業で忙しいサラリーマンが、副業の時間をどうやって捻出するか」
「スキマ時間で副収入を得るのにどんな手段が適しているのか」

副収入を得るポイントについて、打ち合わせを介してトータルでお話させていただきました。本当に副業で稼ぐ人が実名で登場し、その人の24時間のタイムスケジュールとコツが掲載されますので、今から発売が楽しみです。

このエントリーをはてなブックマークに追加



カテゴリー

会社員と主婦の副業
Webマーケティング
SEO・SEM全般
デザイン・制作全般
金融・経済・社会
転職・独立・起業
勉強・書籍
プライベート
コミュニケーション

年別アーカイブ

2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年

ブログ管理者

氏名  中野貴利人
仕事  ウェブで楽しく稼ぐこと
趣味  サイトを面白く作ること
メディア掲載履歴