NYタイムズの国際版に掲載

トップページ > 会社員と主婦の副業

2010 0909

NYタイムズの国際版に掲載

2010年9月7日付けのNew York Timesの国際版「Internatinal Herald Tribune」から取材を受けました。テーマは「Young Japanese Seek Second, and Third, Jobs」、「日本の若者が2つ目、3つ目の仕事を求めている」です。

 NYタイムズの国際版に掲載

ネット上では15行ほど載っていますが、通常の新聞にも掲載されました。それだけ読者が興味を持つ内容だと、編集者が考えたのではないでしょうか。

日本でメジャーな海外新聞といえば、発行部数約8万部のJapan Timesですが、Internatinal Herald Tribuneは世界164カ国で計23万部も発行されています。世界中の読者、しかも海外で活躍する方に読んでいただけたのは嬉しいです。下記にその内容を一部抜粋します。

「“Without all that overtime, more and more people just want to have something to do,” said Kirito Nakano, who formerly worked a side job and parlayed his experience into a career as an entrepreneur and author. 」

「“残業がない分、より多くの人たちが何かをしたがっている”とナカノキリト氏は言う。以前、彼は副業をしていて、その経験を起業家と著者というキャリアに活用した」

「Mr. Nakano, 28, initially followed the standard career path, joining a large company as a Web engineer after graduating from college in 2004. Finding that his salary would not cover luxuries like trips abroad, he began experimenting on his own time with affiliate marketing programs, in which he earned fees for sending customers to other businesses. 」

「28歳であるナカノ氏は、2004年に大学を卒業したあと、Webエンジニアとして企業に入社し、標準的なキャリアパスを送った。しかし、今の年収では海外旅行のような贅沢ができないことに知り、彼は空き時間にアフィリエイトに挑戦し始め、他の企業にお客を誘導することで手数料を得るようになった」

「Three years later, he was making more money from his side job than from his ostensible main one. He eventually quit his original job to set up an affiliate marketing company, where he now works full time. In August, he published a second book, which explains how to make 100,000 yen a month outside the office. 」

「3年後、彼は本業よりも副業でより多くの収入を得るようになった。彼はついにアフィリエイトで起業するために本業を辞め、今はそこでフルタイムで働いている。8月に彼は会社の外で月10万円稼ぐ方法を説明した2冊目の著書を出版した」

「“The Japanese economy is not just stagnant, it’s in retreat,” he said. “When people believe the future is going to be better than the present, they are happy. But if they think that the future holds no hope, then they become unhappy. It’s that unhappiness that people are trying to negate with side jobs.” 」

「“日本経済は実際には停滞していない、後退している”と彼は言う。“今よりも未来がもっと良くなると信じているときに、人は幸せを感じる。しかし、将来に希望を持てなかったとしたら、不幸になる。また、副業を否定する人たちも幸せではない”」

私の英語力では訳がいまいちです。特に最後の一文がわかりませんでした。記事全体を総括すると「日本経済は厳しいけど、時間があるなら、副業やったほうがいいでしょう。20~30代で副業する人が増えています」という内容です。

このエントリーをはてなブックマークに追加



カテゴリー

会社員と主婦の副業
Webマーケティング
SEO・SEM全般
デザイン・制作全般
金融・経済・社会
転職・独立・起業
勉強・書籍
プライベート
コミュニケーション

年別アーカイブ

2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年

ブログ管理者

氏名  中野貴利人
仕事  ウェブで楽しく稼ぐこと
趣味  サイトを面白く作ること
メディア掲載履歴