パンダアップデートで順位が下がる

トップページ > SEO・SEM全般

2012 0718

パンダアップデートで順位が下がる

ついに日本にもパンダアップデートが適用されました。2012年05月16日に投稿したペンギンアップデートで痛烈な危機感にて「2~3カ月以内にもう1回大規模変動が起こる」と言いましたが、案の定、来日しました。

パンダアップデートで順位下落

今朝、私が運営するサイトで大幅なランクダウンがあったため、「パンダアップデートが日本にも来たかな」と思い、GRCツールの順位結果にイラレで作ったパンダのイラストを重ねてみました。

9時過ぎにはGoogleの公式twitterで発表があり、同時にその業界の人たちのtwitterでも言及され、続いて、ITmediaニュースやSEMリサーチなどでも取り上げられています。

We're launching Panda for Japanese & Korean. <5% of queries affected (no other languages affected today).

個人的にはメインサイトは順位が変わらず、サテライトサイトの一部で順位が急落しました。正確には全サテライトサイトのうち、10位以上も上昇したサイトが2.8%、順位に変化なしのサイトが28.0%、10位以上も下落したサイトが21.5%、元々100位圏外だったサイトが47.7%という数字です。

サテライトサイトですので、コンテンツの質が悪く、量も不足しがちであれば、当然の結果であり想定内とも言えます。恐らく、4~5日しないと順位は確定しないですし、ランクダウンした私のサイトの場合は2~3個ほど良質な文章を増やせば改善されるでしょう。

一方「メインサイトにそこまで影響がなかった」ことを評価したいです。特に目立った動きがなかった2012年1月16日、ペンギンアップデートが世界同時に起こった2012年4月25日、パンダアップデートが日本に反映された2012年7月18日における、メインサイトの順位を比較してみました。

日付 ABCDEFGHIJKLMNO
2012年1月16日 147155111311015019
2012年4月25日 1451241121431849
2012年7月18日 13313211185415110

私のサイトの多くはトラフィックが「メインキーワード:サブキーワード=20:80」などで推移しているので、サブキーワードの順位も気になるところですが、現時点ではGRCツールでメインキーワードの順位チェックをして、Google Analyticsでサブキーワードを拾ってます。

結果的にペンギンとパンダアップデートによる影響は軽微であり、現時点ではむしろ「プラスに働いた」とも言えます。

ただし、ペンギンとパンダアップデートは未完成です。例えば「旅館」と調べたときに、2012年7月18日時点ではじゃらん、一休、楽天に混じって、ほぼゴミに近いバックリンクサイトが2位に入り込んでいます。

このような低品質なコンテンツを持ったサイトが以前よりも上位に来ている現象が散見されるために、まだ大規模な順位変動が続きそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加



カテゴリー

会社員と主婦の副業
Webマーケティング
SEO・SEM全般
デザイン・制作全般
金融・経済・社会
転職・独立・起業
勉強・書籍
プライベート
コミュニケーション

年別アーカイブ

2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年

ブログ管理者

氏名  中野貴利人
仕事  ウェブで楽しく稼ぐこと
趣味  サイトを面白く作ること
メディア掲載履歴